婚約指輪の選び方

このサイトでは、婚約指輪について知りたい情報を詳しく解説しています。
パートナーの好みを知りたいけれどどうすればいいかとか、サイズを調べる方法などの情報があります。
また、実際にサイズを測る場合にはどうすればいいかやプロポーズで指輪はいらないと言われた時にどうすればいいかといった情報もあります。
それは本当に要らないのか、隠された意味があるのか等も気になるポイントでしょう。
そして結婚までに身に付けるタイミングについても紹介します。

婚約指輪の選び方を解説!パートナーの好みやサイズの調べ方

婚約指輪の選び方を解説!パートナーの好みやサイズの調べ方 婚約指輪を贈る際に、パートナーの好みやサイズはどう調べればいいのでしょうか。
単刀直入にサイズや好みをきけば良さそうな気もしますが、プロポーズにサプライズでプレゼントしたい時には事前のリサーチが欠かせません。
普段から指輪を身に付けている女性であれば、さりげなく好きなブランド等を話題にするのもいいでしょう。
身に付けているアクセサリー等から、その人の好みも分かります。
シンプルなデザインがいいのかや可愛らしいデザインがいいのか、個性的なデザインを好むのかも参考になります。
サイズに関しては、本人の口から聞き出しておくのがベストです。
失敗が少ない選び方としては、婚約指輪とは言わずにジュエリーショップで下調べをする方法もあります。

婚約指輪にはいろいろな意味が昔からあります

婚約指輪にはいろいろな意味が昔からあります プロポーズを決意したら、次に考えるのは婚約指輪です。
準備する側として婚約指輪は必要なのか、どのような意味があってわたすのだろうと思う人もいるでしょう。
婚約指輪は結婚を約束した証として、男性から女性に贈られるリングです。
エンゲージリングと呼ばれており、愛する女性を大切にしたいという気持ちが込められています。
婚約のための指輪は古代ローマ時代からプレゼントする習慣があり、紀元前1世紀古代ローマ時代における婚約の際に相手に鉄の輪を贈る儀式と関係しています。
当時ローマでの婚約は結婚より重要視されており、婚約時に力の象徴になる鉄の輪を相手に贈る=相手と結婚の契約をするという意味が強かったのです。
日本でリングを贈る習慣が開始したのは、戦後1950年代後半になるでしょう。
高度経済成長期から生活が豊かになったり、西洋文化が入ってきたので日本人の間でダイヤモンドの指輪を贈る習慣ができました。
指輪には主にダイヤモンドが選ばれますが、ダイヤモンドには希少性や価値が高かったり、地球上に存在している物質において最も硬い天然鉱物で固い絆の象徴になります。
傷つくことなく美しく輝いていることから、永遠に続く愛のシンボルと言われています。
無色透明なので純真無垢さや潔癖さなどのイメージがあり、ダイヤモンドの婚約指輪には様々な意味があって指輪に相応しいと重用されているのです。

薬指にはめる婚約指輪に関することについて

男子がこの女性と結婚したいと決意しプロポーズする際には、必ず婚約指輪を準備してプロポーズしなければいけません。エンゲージリングはその男子の本気度をはかる尺度ともなるものであり、婚約指輪選びは慎重に行わなければいけないのです。
まず購入する際に重要なのは、彼女の薬指のサイズを把握しておくことです。誕生日や記念日などにかこつけて、プレゼントすると言って宝石店に赴き彼女の薬指のサイズをきちんと何号か把握しておくようにいておきましょう。そのうえで信頼のける宝飾店に出向き、ダイヤモンドソムリエやGISなどの免許を持った店舗スタッフについてもらい婚約指輪を選んでいくことが大事です。婚約指輪身はダイヤモンドが使われているので、ダイヤモンドのグレードを重要視して選ぶことも大事です。ダイヤモンドのグレードの指標であるダイヤの4C基準を高水準に満たすものを購入するようにしましょう。相場は30万円が平均的であると言われています。

日本で婚約指輪といえばプラチナ・ダイヤモンドが一般的

日本で婚約指輪といえばアーム部分はプラチナ、そして装飾する宝石はダイヤモンドというのが一般的です。プラチナは、1トンの原鉱石からわずか3グラムしか採取できないという希少性の高い金属です。白く輝く見た目から永遠の愛を誓う、婚約指輪にぴったりということで日本では定番となっています。他の金属はアレルギーのリスクもありますが、プラチナは金属アレルギーを引き起こしにくいということもあり、長く身に着けるジュエリーに多く選ばれているのも理由の1つです。
婚約指輪はアーム部分に宝石を装飾するのが基本です。ダイヤモンドは地球上でもっとも硬い鉱物と言われています。また、その輝きは唯一無二のものです。永遠に割れず輝き続けるダイヤモンドは、プラチナと同じく永遠の愛の象徴となっています。カラーダイヤモンドもありますが、多くは透明なダイヤモンドが一般的ですのでその見た目から、純粋な愛をイメージさせるのも婚約指輪に選ばれている理由の1つとなっています。

婚約指輪を男性が女性に贈る理由をチェック

結婚を約束した婚約の証として男性から女性に贈るのが婚約指輪です。絶対に贈らなければいけないというものではないものの、あるアンケートによると将来結婚する時に婚約指輪が欲しいと回答した女性の数は約80%にものぼり、また人生でも大きな節目となる婚約・結婚に関連した指輪ということも理由から、多くの男性が購入しています。
婚約指輪の起源となるのは古代ローマ時代にまでさかのぼります。婚約の際に相手に鉄の輪を贈る儀式があり、その儀式が元となったようです。日本では戦後の1950年代後半頃から婚約時に、指輪を贈るという風習が始まったとされています。西洋文化が一般市民にも普及し、さらに高度成長期によって日本人が豊かになったこと、さらにダイヤモンドの輸入が解禁されたことなど様々な理由から定着化しました。
婚約指輪は特別な時に身に着ける指輪というイメージがありましたが、近年は結婚指輪と重ね付けして日ごろから楽しみたいという女性も増え、結婚指輪と重ねてつけるデザインも増えています。

婚約指輪を彼氏に欲しいとアピールする方法

婚約指輪は女性にとって憧れの指輪です。ただし、結婚した女性が必ずしも男性から贈られるとは限りません。あるアンケートによると結婚指輪は結婚したカップルの90%以上が購入しているのに対し、婚約指輪は約70%程度のカップルしか買っていないというデータとなっています。指輪が欲しいという時は、さりげなく彼氏にアピールしてみると良いでしょう。
例えば指輪の特集が掲載されている結婚情報誌を、目につきやすい所に置いていたり情報を集めるという理由で一緒に読むのもおすすめです。人気のデザインなども載っているので、どんな指輪が好みかも伝えることができます。またデートの時にジュエリーショップに立ち寄り、実際に指輪を2人で見てみるのも良いでしょう。
自然と欲しいということがアピールできますし、実際に彼女が婚約指輪をはめている所を見れば気持ちや考えも変わるかもしれません。もちろん直接、伝えるのも1つの手段です。一生に一度購入する指輪ですので、自分の気持ちはしっかり伝えましょう。

日本で見られる婚約指輪の傾向に関する事について

日本では男性が女性にプロポーズする際に婚約指輪を差し出し、求婚するのが慣例です。これは高度成長期にテレビコマーシャルでエンゲージリングは給料の三か月分とのキャッチフレーズで放送され、一気に日本に浸透したと言われています。
そのためバブル景気までは男性の多くが給与の三か月分の大金をはたいて、エンゲージリングを購入しプロポーズする人が多かったのです。その後のバブル崩壊とともに、こうした風潮はあまり見られなくなりました。身の丈にあった値段の20万円前後の婚約指輪を購入しプロポーズするのが現代では一般的になっています。値段が低くなったからと言っても、エンゲージリング選びは慎重に行う必要があります。婚約指輪の多くにはダイヤモンドがあしらわれているので、できるだけグレードのよいダイヤモンドが施されている婚約指輪を購入するようにしましょう。それにはダイヤモンドソムリエに相談したり、ダイヤモンドの4C基準を高水準に満たすものを購入するのが賢明です。

定番でよくある疑問の婚約指輪と結婚指輪の違い

婚約指輪と結婚指輪は混同されがちですが、その違いの疑問については定番でよくあるものではないでしょうか。
婚約指輪は文字通り婚約の際に手渡されるもので、一般的には男性から女性に贈られます。
その昔は男性に何かあった場合に売って生活にすることができるように、女性に贈られてきたとされています。
近年は婚約の証として、純粋に大切な特別な人への贈り物になっているといえます。
一方、結婚指輪は結婚の証で、夫婦がそれぞれ指に嵌めている限りは結婚生活をしているという証明になります。
式でお互いの指に嵌める指輪そのものですから、重要性については誰もが理解できるものと思われます。
これを外すということはつまり、2人の特別な関係を解消することを意味するので、一度嵌めたら絶対に外さないくらいの気持ちで着用することが重要です。
勿論、着用したままだと傷をつけたり傷ませてしまうこともありますから、入浴などの際には外すのが一般的ではないでしょうか。

女性に喜んでもらえる婚約指輪の渡し方とは

プロポーズの時に女性に婚約指輪を渡したいと考えている男性にとって、どのような渡し方をするのが良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
映画やドラマなどでよく見かける、婚約指輪の入ったジュエリーボックスをパカッと開けて、「結婚しよう」とプロポーズの言葉を添える方法は、定番中の定番ではありますが多くの女性にとっての憧れですし、喜んでもらえることでしょう。
しかし、この渡し方を実現するためには、事前に女性の指のサイズを把握してピッタリはまる婚約指輪を準備する必要があるので、意外とハードルが高くなります。
また、女性によっては婚約指輪は何でも良い訳ではなく、デザインを自分で選びたいと思っていることも珍しくありません。
そのような場合には、プロポーズリングと呼ばれる仮の指輪を用意して、後日一緒にお店に選びに行くという方法もあります。
プロポーズリングはシルバー製などの安価な素材でフリーサイズのものもあり、女性の好みやサイズが分からなくてもプロポーズの演出用のアイテムとして活用できます。

婚約指輪の価格は給料の3か月分って本当?

男性が女性にプロポーズする際に一緒に贈るのが婚約指輪ですね。
結婚指輪とは別で、二人が婚約した証として男性が女性にプレゼントし女性が身に着けるものです。
その婚約指輪の価格ですが、「給料の3か月分」というフレーズを聞いたことがある人はかなり多いのではないでしょうか。
しかし実際に給料の3か月分と聞くとかなり高額だと感じる人は多いはずです。
では実際に近年の婚約指輪の相場は給料の3か月分なのかと言うとそうではありません。
まずこのフレーズが広まったのが戦後の高度成長期にダイヤモンド会社がキャンペーンで広めてものと言われています。
現在とは物価も価値観も違う時代のことです。
最近は身に着ける機会が少ない婚約指輪はいらないと言う女性も多くいるぐらいです。
そんな中、婚約の証として贈りたい男性は今でも大勢います。
さて、近年の相場はいくらなのでしょうか?実際には20~40万ほどで、給料で言うとだいたい1か月分ほどとなっています。
もちろんジュエリーショップにはそれよりも安価な指輪もあり、それぞれの予算に応じて購入することが可能となっています。

婚約指輪を選ぶときには店舗に足を運ぶことが大事

婚約指輪を購入出来るのは、各ジュエリーショップやブランドです。
商業施設などに併設されていることもあり、様々なタイプの婚約指輪を取り揃えています。
シンプルなものからゴージャスなタイプと、人それぞれの趣味に合わせて商品を売り出しています。
どのような婚約指輪が理想なのか分からないときには色々なブランドのリングに目を通して、気になるものを見つけましょう。
お気に入りのリングがあれば実店舗に足を運んで、実物を確認します。
パンフレットやサイトでは分からなかった細かいところまで分かるので、なるべく店舗には行くようにしましょう。
ゆっくりと見学するためにも、予約システムを利用します。
来店時間に予約しておけば混雑していても中に入れて、じっくり見て回れるのです。
結婚準備で忙しい大切な時間を無駄にしないので、おすすめです。
一人一ひとりにアドバイスもしっかりしてくれるから、新たな発見やアイデアも思い浮かぶかもしれません。

ノーブランドの婚約指輪は相手に失礼なのか?

愛する人にプロポーズをするというのは一生に一度の大決心と勇気が必要ですが、ぜひ頑張って勇気を出したいものです。
プロポーズの際にサプライズで婚約指輪を渡すことを考えている方も多いようですが、中には「気に入ったデザインが見つかったけどもノーブランドだけどもいいのだろうか?」と悩む方もおられるようですが、本当のところはどうなのでしょうか?答えは、ノーブランドでも構いません。
もし、婚約指輪を渡したときに指輪に対して「こんなデザインは気に入らない、もっと高くて有名デザイナーが手掛けた指輪が良かった」というような文句や不平を言うようであればこれから先の交際や結婚生活でも困難が予想されます。
一方、値段やデザインなどに不平を言わずに贈ってくれた気持ちに対して感謝して喜んでくれる方であれば、これから先も幸せな交際と結婚生活を送ることが期待されます。
それでも、婚約指輪を選ぶのに悩むのであれば、一緒に買いに行きましょう。

人気ブランドで注目されるタイプの婚約指輪

婚約指輪を選ぶ際、パートナーが人気ブランドのものを希望するケースは少なくありません。特に、ファッションに関心が高い方の場合、婚約指輪を指定の人気ブランドでとリクエストされることは多くあります。 しかし、人気ブランドといっても世界的なものになると金額も高額になりますし予算がある場合には国内の人気ブランドを検討するのも一つの方法です。グローバルブランドに比べると、国内の物の方が金額的にも買い求め安いものが多いです。 婚約指輪は色々なデザインのものがありますし、リーズナブルなものから高額なものまで様々なものがあります。人気ブランドも数が多くデザインも豊富なので、パートナーの好みを反映したものを選ぶのがお勧めです。 婚約指輪の選び方がわからない場合には、ショップのスタッフが丁寧に相談に乗ってくれるところを利用するのも一つの方法です。ブライダルに強いお店なら、有名ブランドではなくても予算内で良いものが見つかることがあります。

婚約指輪をオンラインで購入する上でのポイント

一生を共にしたい人が現れた際、告白と同時に婚約指輪を贈るケースはとても多いです。相手に思いを伝える上でも重要なアイテムですが、購入方法には実店舗だけでなくオンラインショップを利用する方法も有効的です。オンラインでの購入であれば、直接店舗に出向く手間もかからないので忙しい人でも手軽に購入する事が出来ます。ただし婚約指輪をオンラインで購入する上でのポイントとして、信頼できる店舗を利用するという点です。折角注文しても違う商品が届いたり、支払いやサイズ違いや梱包など希望とは異なる対応が行われる可能性を考える必要があります。信頼できる店舗であれば、より安心して取引する事が可能です。有名な店舗というだけでなく実際に利用した人の評価や口コミなど、体験談を確認するという方法は有効的となります。購入する品が婚約指輪だからこそ後悔しないために、まずは安心して最後まで信頼をもって取引でいる店舗を選ぶ事が重要といえます。

婚約指輪を選ぶ上で起こりやすいトラブルのポイント

結婚を約束する上で贈る品の1つに婚約指輪があり、男性から女性に贈る事が多くあります。実際に事前に準備しておくだけでなく、カップルが一緒に買いに行くというケースも多いです。実際に婚約指輪を選ぶときなどに起こりやすいトラブルもあるので、事前に把握しておくと思わぬ喧嘩を防ぐ事に繋がります。実施に起こるトラブルの1つに、一緒に選んでくれなかったという内容が多いです。贈られる女性だけが選んで男性が全く無関心というケースが多く、女性側にとっては一緒に選んでほしいという要望から喧嘩になるケースがあります。次に婚約指輪を購入する上で、金銭感覚の違いによってトラブルになるというケースも多いです。また指輪自体のデザイン選びで、それぞれの趣味が異なり意見があわないといった事もあります。婚約指輪については必ず贈る必要があるわけではありませんが、購入するにも準備するにもそれぞれの考えがあります。2人でしっかり話し合える関係性を築いておくと、思わぬトラブルを防ぐポイントです。

婚約指輪のメンテナンスをすることで長持ちします

婚約指輪は大きめのダイヤが1つ入っているデザイン、複数のメレダイヤが付いている豪華なデザインもあります。 大切な夫からの愛の誓いの指輪なので、定期的にメンテナンスをして長持ちさせることが大事です。 婚約指輪は日常的に使用できるファッションリングのような、デザインの商品は人気が高くなっています。 結婚指輪を重ね付けをすると華やかですが、年数を経過すると汚れや傷が目立ってくることが多いです。 口コミやレビューでも評価の高い専門店では、サイズ直しや傷の補修、変形などを直すためのメンテナンスを行っています。 プラチナやゴールドなどの素材は人気がありますが、柔らかい素材なので傷が目立ってきます。 婚約指輪は価格が30万円から50万円前後が平均ですが、きれいな状態を維持するためのメンテナンスは大事です。 信頼できる専門店を選んでおくと、一定の保証期間があるので安心できます。 石が外れそうになった時も修理に対応できるのが良い点です。

婚約指輪をサプライズで贈りたい男性にアドバイス

婚約指輪は愛する人に初めて購入する特別なプレゼントです。 プロポーズを素敵に演出するためにサプライズで、婚約指輪を渡したい人が多いのではないでしょうか。 サプライズギフトを渡したいけれど、相手の好みに合うか心配な人がほとんどです。 相手の女性のサイズや好みが良く分からない場合は、専門店のスタッフに相談するとプロポーズリングを用意してくれます。 プロポーズリングは価格が1万円から2万円前後になっており、フリーサイズなのでプロポーズをしたい人にお勧めです。 相手の女性がプロポーズを受け入れたら、二人で婚約指輪を選ぶほうが良いでしょう。 女性の好みを尊重してあげることで自分が愛されていると、実感する女性がほとんどです。 従来の立て爪タイプは根強い人気がありますが、結婚指輪と重ねて付けることができるデザインも揃っています。 大きなダイヤモンドが1つ入っていたり、小さめのメレダイヤが付いているデザインも人気です。 日常で使いやすいデザインの婚約指輪は、華やかな席に出席する時に重宝します。

婚約指輪の最新情報をもっと

富士 婚約指輪

新着情報

◎2024/2/15

情報を更新しました。
>人気ブランドで注目されるタイプの婚約指輪
>婚約指輪をオンラインで購入する上でのポイント
>婚約指輪を選ぶ上で起こりやすいトラブルのポイント
>婚約指輪のメンテナンスをすることで長持ちします
>婚約指輪をサプライズで贈りたい男性にアドバイス

◎2023/4/12

情報を追加しました。
>定番でよくある疑問の婚約指輪と結婚指輪の違い
>女性に喜んでもらえる婚約指輪の渡し方とは
>婚約指輪の価格は給料の3か月分って本当?
>婚約指輪を選ぶときには店舗に足を運ぶことが大事
>ノーブランドの婚約指輪は相手に失礼なのか?

◎2022/6/30

情報を追加しました。


>薬指にはめる婚約指輪に関することについて
>日本で婚約指輪といえばプラチナ・ダイヤモンドが一般的
>婚約指輪を男性が女性に贈る理由をチェック
>婚約指輪を彼氏に欲しいとアピールする方法
>日本で見られる婚約指輪の傾向に関する事について

◎2021/8/16

サイト公開しました

◎2021/6/22

サイト公開しました

◎2021/3/31

サイト公開しました

1人そこでやっと、そうか、結婚出来んのかとか思う涙。絶対そんなの無理だけど、違う意味で添い遂げるって覚悟だったので目から鱗って顔してるかもです😂 二人で買いに行ってくれー!その時は婚約指輪の為にって少し安めの指輪とかでもええですよねっ!プライスレス!

エンゲージは約束とか契約とかの意味なので、結婚という契約を交わした証の指輪ということで結婚指輪を指してもおかしくはないのか? 日本では一般的に婚約指輪のことだけど英語圏では結婚指輪も含めるのか そのへんは私にはわからん

YouTubeドラマ意味怖シリーズ~婚約指輪

最後スレッタとミオリネが離れて生活している時点で二人の別々の話だったってことでしょ 指輪はそれぞれ婚約指輪意味 スレッタの回復待ちとシャディクの出所待ちって待ち繋がり

-->